神奈川県住まいの30代前半、既婚男性です。
本業はIT会社でSEをやりつつ、余ったお金で資産運用をやっています。
一攫千金というより、勉強したり人と一緒に学んだりしながら面白おかしくやっていきたいと思っています。

女もすなる育休と言う物を、男の私もしてみむとするなり


そろそろ息子も生後半年。いわゆるズリバイを覚え、機動力が一気に向上。
おすわりや、腹を浮かせたハイハイはまだですが、時間の問題と思われます。

私の会社では、子が一定年齢に達するまでの間、一定回数まで分割取得可能です。
仕事も少し落ち着いてきた&調整が効いたので、二度目の育休を取りました。
期間は1ヶ月強。
欲を言えば年単位で休みたい所ですが、
流石に仕事に支障をきたすわけにもいかないので、これが精一杯。

子供は前述の通り、生後半年。
産褥期は過ぎてますが、近所の先輩ママによれば
「動き出してからの方が人手が欲しい(旦那にもその時期にとって欲しかった)」
との事なので、意外と丁度良かったかも。

但し、育休中は無給。
勿論、1ヶ月やそこら無給だったとしても、
生活に支障がない程度の貯蓄はありますが、
財政的には痛いことに変わりはありません。

幸い、育休は金銭的デメリットをカバーする仕組みがあります。
但し、取り方によって受けられる恩恵が大きく変わります。

今回、育休取得に当たり、その恩恵を最大化するための工夫をいくつか挙げてみます。

育休取得の工夫

[1]賞与支給月にぶつける

育休を取った月は、社会保険料が免除されます。
会社員なら健康保険料と厚生年金保険を合わせて、
健康保険組合にもよりますが、額面の金額の約13~15%程。
仮に月収が300,000円なら大体40,000~50,000円程。これがゼロになるのは大きいです。

更に、育休を取った月が賞与支給月であれば、
賞与から天引きされる社会保険料も免除になります。
20191202(月) それなら威力は倍率ドン!さらに倍!

[2]月をまたぐ

「育休を取った月」の定義は、下記の通りです。

保険料の徴収が免除される期間は、育児休業等開始月から終了予定日の翌日の月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は育児休業終了月)までです。

分かりにくいのが「終了予定日の翌日の月の前月」と言う文言です。
何故このような定義にしたのか、意味不明です。
20191202(月) イザナミだ

いくつかの育休期間の例を当てはめてみます。

(1)終了予定日が2019/6/29(金)の場合:
 終了予定日の翌日が6/30(土)で6月となり、終了月はその前月と言う事で、5月になります。
 この場合、6月は社会保険料が免除されません。
 もし育休開始日が6/3(月)の場合、社会保険料の免除は一切受けられません。

(2)終了予定日が2019/7/31(水)の場合:
 終了予定日が月の末日なので、終了月は7月となります。
 この場合、7月は社会保険料が免除されます。

御覧の通り、仮にある月の頭からお尻まで育休とした場合、
末日が平日かどうかで、社会保険料の免除の有無が変わります

仮に1ヶ月の育休を取りたいときに、
取りたい月が(1)に該当する場合はどうするか。
上記の(1)の場合、終了予定日を7/2(月)とする事で、
終了月を6月にする事ができます。
勿論、無給の期間が1日増えますが、
社会保険料免除を得られるメリットの方が遥かに大きいです。

また、開始日についても同様の工夫が出来ます。
ある月の月初ではなく、前月の最後の営業日を開始日とする事で、
その前月も社会保険料の免除が受けられます

さて、今回は12月に育休を取得しました。
(1)12/2(月)~12/27(金):
 工夫無し。
 社会保険料免除は得られない。
(2)11/29(金)~1/6(月):
 工夫あり。
 11月~12月の2か月分+冬賞与の社会保険料免除が得られる。
何も考えずに期間設定すれば(1)になる所ですが、これを(2)にする事で、
給料2か月+賞与1回の社会保険料分、可処分所得が変わってきます。

[3]育休期間に休日がなるべく多く含まれるようにする。

育休期間中は、雇用保険から育児休業給付金が支払われます。
育休開始前の6か月間の給料を180で割った日額の50~67%の金額が、
育休期間の日数分支給されます。
育休期間中であれば平日・祝休日問わず支給対象です

一方、育休は無給なので、休んだ分はその月の給料から日割りで減額されます。
こちらは、営業日数しかカウントされません

つまり、育休期間にゴールデンウィークやシルバーウィーク、
年末年始などと言った大型連休を含める事ができれば、
給料の減額分を最小限に抑えつつ、
育児休業給付金の支給総額を最大限にすることができます

育休取得の収支

今年は2回に分けて育休を取りました。
1回目:6月~7月の2営業日
2回目:11月~翌1月の約1ヶ月強

1回目:
給料の日割減額分:約40,000円(-)
賞与の日割減額分:約10,000円(-)
給料の社会保険料免除分:約60,000円(+)
賞与の社会保険料免除分:約110,000円(+)
育児休業給付金:約40,000円(+)
収支:約160,000円(+)

2回目:
給料の日割減額分:約460,000円(-)
賞与の日割減額分:約120,000円(-)
給料の社会保険料免除分:約120,000円(+)
賞与の社会保険料免除分:約90,000円(+)
育児休業給付金:約360,000円(+)
収支:約10,000円(-)

2回目は流石に黒字とは行かない物の、
長期休業による財政面のダメージをほぼゼロにすることができました。
1回目と合わせれば、年間では約150,000円程可処分所得が増えました。

青年よ、育休を取れ

男性の育休取得を国として促す動きがあり、
実際取得を推奨する企業も出てきています。
ただそれでも、父親が母親と同じくらいの育休を取るのは現実的にまだ厳しく、
取得期間も限られてしまう事が多いと思います。
逆に言えば、業務や家族との調整が付けば、
取得の時期をある程度選択する余地もあるという事。

この記事が世の男性の育休取得にとって少しでもプラスになれば幸いです。

通勤定期券を見直してみる3つの理由

当方、この7月で通勤定期券が切れます。
そろそろ更新しないとなー、とも思いましたが、
検討の結果、今回は更新しない事にしてみました。

理由は、大きく3点。
  1. その方が安上がりだから
  2. テレワーク推進のため
  3. サブスクリプションによる思考停止を防ぐため

通勤定期券のコストパフォーマンスの検証

通勤定期券の値段は当然、その区間の切符代に比例します。
ただ、その区間の金額や鉄道会社によって、
「往復の切符代の何倍か」は異なります。
参考までに、私の通勤経路の路線やその近傍について、
倍率をまとめてみました。
20190720(土) 通勤定期券のコストパフォーマンス

例えば東急電鉄や東京メトロの場合、
大体100~110回往復すれば、定期券の方が安くなります。

週休2日制の会社なら、6ヶ月の営業日は凡そ120日。
有給(年間20日と仮定)の半分を消費すれば110日。
その全日職場に出勤するなら、定期券の方が安上りです。

しかし、在宅勤務が可能だったり、定期圏外への外出が多い場合、
必ずしも職場間の往復回数が上記の回数に満たない事があります。
実はその都度切符を買った方が安い、と言う可能性も大いにあり得ます。
回数券を使うなら猶更です。

勿論、休日の定期圏内の外出頻度にもよりますし、
有給も在宅もすべて希望通りにはいかないかもしれません。
ただ、試してみる価値はあると考えます。


テレワーク推進:通勤時間を減らすインセンティブ

去年位から東京オリンピックを受けて、
「テレワークデイズ」なるものが謳われるようになりました。
が、それを聞くまでもなく、通勤時間は少ない方が良いに決まってます。
通勤時間とは、ドアツードアの時間だけでなく、その往復の回数もさします。

定期券を買うと、出勤でも在宅でも交通費の支出は変わりません。
しかし切符であれば、在宅勤務を増やすほど交通費が浮きます。
金額は1日数百円程度と小さいですが、
日頃の行動を見直すためのインセンティブとしては十分です。
逆にこうした小さいインセンティブを積み重ねて活用しないと、
慣れた行動を変える事は簡単にはできません。


サブスクリプションによる思考停止を防ぐ

定額制サービス「サブスクリプション」と言う物があります。
新聞雑誌の年間購読、AmazonプライムやNetflix等が典型的ですが、
最近は外食業界とかでもそうした物が新たに増えて、
ちょっとした流行りの感があります。
通勤定期券もその性質上、サブスクリプションの一種と言えます。

都度購入と比べて手間が少ないですし、
使用頻度が高い程コストも安くなる等、
消費者にとりメリットも多々あります。
反面、一度契約してしまうと意識する事も少なくなるため、
固定費増加や思考停止を招く諸刃の剣でもあります。
※余談ですが、ファイナンシャルプランナーが家計の見直しをする時、
 必ずと言っていいほど固定費の見直しが行われます。
 特にサブスクリプションの見直しは鉄則です。

私が新社会人になった頃、在宅勤務はまだ一般的な選択肢ではなく、
有給も当たり前のように完全消化できる状況ではありませんでした。
なので、その時点なら、通勤定期券の購入は最善の選択肢でした。

しかし、今は状況が違います。
在宅勤務が推奨されるようになり、
有休消化も100%が当然視(と言うかノルマ)。

そのような状況でも、本当に通勤定期券を買い続けることが、
選択肢として最善と言えるのか?

一度、立ち止まって、考えて(検証して)みようと思います。

連休4日目:お宮参り

連休4日目はお宮参りでした。
誕生から36日目。
正式なのは31日目だそうですが、その日は平日なのでショウガない。

自宅から徒歩10分のところに小さな神社があったので、そこで予約。

巫女さんと神主の2人体制で、
儀式は勿論、受付、写真撮影、控室の案内もすべてその2人で完結。
勿論、複数組同時に、なんてことはなく、1回一組のみ。
地域密着型という印象でした。

参加した両親曰く、数か月前に妹の娘
(私からすれば姪)のお宮参りに参加した時は、
数組同時に行い、かつかなり待たされたそうな。
同じ儀式でも、場所によってこうも違う物か。

ただ、フォトスタジオの類はなかったので、
写真を重視するのであればやや物足りなかったかも。
私は写真はそこまで拘らないので別にいいのですが。

神主さんが取ってくれた写真(約20枚)は、
後日DVDに焼かれ、現像した写真と共に購入する形式。
なぜかDVDのみの提供は不可で、最低1枚は現像する必要あり。
写真は1枚なら6,000円ですが、4枚まで増やしても8,500円止まり。
中々商魂逞しいですな

これだけ商魂逞しい神社に祈祷してもらえたなら、
息子も商才に恵まれるのではないか、と、
資産運用に興味を持って実践している父親としては期待してみるのでした。
プロフィール

エフターク

ギャラリー
  • 女もすなる育休と言う物を、男の私もしてみむとするなり
  • 女もすなる育休と言う物を、男の私もしてみむとするなり
  • 通勤定期券を見直してみる3つの理由
  • 連休3日目:ベビーカー試運転と児童手当
  • 連休1日目:小児医療費助成、1か月健診
  • 長男が生まれたので2日だけ育休を取ってみた
  • メルペイ還元率を80%にする方法
  • メルカリの値引き交渉は時間の無駄
  • 入籍1周年の旅行の宿題