神奈川県住まいの30代前半、独身男性です。
本業はIT会社でSEをやりつつ、余ったお金で資産運用をやっています。
一攫千金というより、勉強したり人と一緒に学んだりしながら面白おかしくやっていきたいと思っています。

【バス特】PasmoやSuicaでバスに乗るとたまに値引きされるそうです

  • [1]Pasmo,Suicaでバスに乗るとポイントが溜まる
  • [2]1000ポイント溜まると次回バス賃が100円引き
  • [3]ポイントは毎月1日でリセットされる

PasmoやSuicaでバスに乗ると上記のようなルールがあるらしいです。
「バス特」と言うそうですが、普段バスにあまり乗らないので知りませんでした。
今月は偶々バスに乗る機会が多く、後日の交通費集計時に計算が合わず、
PaSoRiやら駅販売機の履歴印刷(最大100件)やら駆使して照合し、
初めてそんなルールがある事を知った次第。

【参考】Pasmo/Suicaはお得(バス特)(ママ*1)

電車で言う回数券の、バス&電子マネー版と言った所でしょうか。
どうせなら同じことを電車賃の方でもやってほしいですが。

還元率は累進的なようです。
10000ポイント溜まると最大1740円分の還元が得られる模様。
尤も、1ヶ月で溜めなければ消えてしまうので、
そこまで還元されるくらいバスに乗るなら定期券を買う方が良い気がしますが。

知っているかどうかよりもバスに乗る機会があるかどうか、と言う、
運用もお得率も微妙なルールですが、
月当たりの予定を調整する際に、知っておくと多少は役に立つかも知れません。

後、この期に及んで現金でバスに乗ろうとする人は、
とっとと電子マネーに切り替えてほしいです。
たまにおつりの精算とかで手間取って何分もバスを止める人とか見ると、
商談遅刻の逸失利益を請求したくなるのは多分私だけではないハズ。
お前らな、釣銭やるからその道どけろ、と。

(*1)…「お得」「バス特」と、わざわざ2種類の漢字を使い分けてるのは何故なのだろうか。

手の届かない位置にある電球を交換する方法:ランプチェンジャー

手の届かない位置にある電球が切れたので、
交換するためにランプチェンジャーを手に入れました。
安ければ3~4000円程度で手に入ります。
315JdCQBWwL

長い棒の先端に、電球をばねでグリップする「キャッチヘッド」が付いており、
これで電球を掴んでつけ外しを行えます。


我が家の階段の天井には電球が付いているのですが、
脚立を使っても届かない(と言うか階段に脚立なんて怖くて置けない)ので、
いざ電球が切れると交換ができません。
そこで、この棒が役に立つわけです。
20180112(金) ゴムゴムの銃

イメージ映像。『One Piece』より引用。

身も蓋もない商品名ですが、
実際に用途が電球交換くらいしか思いつかないので仕方ありません。
キャッチヘッドを改造すれば自撮り棒になるかもしれませんが、
明らかにオーバースペックですし、
そもそも自撮り棒を買った方が安いです。

ただ、他に有効な方法も特に思いつきません。
電球1個の交換のために業者を呼ぶのは手間です。
家の構造上、手の届かない位置に電球があるなら、
1本持っておいて損はないと思われます。

使ってみた感想

キャッチヘッドの規格を要確認

自分の手が届く高さ+棒の長さ>天井 なのは勿論の事、
キャッチヘッドの規格にも気を付けましょう。

ばねなので多少の融通は効く物の、
キャッチヘッドによって、対応できる電球の大きさが違います。
小さい物しか掴めないキャッチヘッドで大きな物を掴もうとすると、
十分につかめず取り外しに難儀したり、
最悪落として割れる危険性があります

取り換えたい電球のサイズに対応したキャッチヘッドを入手するようにしましょう。

取り外しは必ず真下から行う

特に階段の天井にあるような電球だと、意外とこれが難しいです。
斜めの角度から電球を取り外しをしようとすると、
当然ながらネジがうまく回せません。
中途半端な状態で取り付けたまま外せなくなったり、
最悪落ちてきたりする恐れがあります。

必ず真下から、チェンジャーが垂直になる状態で作業しましょう。

とある一日のディナー事件簿

キサマ等の居る場所は既にーー我々が5分前に出発した場所だッッ!!

とある日の事。
宿泊しているホテルは近くに良いレストランがないので、
Uberを使って、安価で行ける範囲内のレストランに行ってきました。

やたらうろうろしながら現在地に到着したUberに搭乗。

10分後、周りを一回りした後、開始地点のホテルに戻ってきて、
"Here you go!"

…いや、"Here you go!"じゃねーよ。
ってかスタート時点だという事に気付け

どうやら、最初の段階でナビに住所を入れ間違えていた模様。

幸い、乗る前から金額は決まっているし、
住所の入力ミスは向こうの問題なので、
追加料金を取られたりはしませんでした。
これがこちらの住所指定ミスだと、また話も違うと思いますが。

一体いつからーーーーメインディッシュ(の皿の大きさ)>サイドディッシュと錯覚していた…?

さて、レストランにて食事。ちなみに人数は2人、一人1品注文。
timeline_20171208_080123

お判りでしょうか。
人数と皿が一致していません
直前のUberの件もあり、注文ミスを懸念。

幸か不幸か、確認した所、4皿中2皿がメイン、他2皿はサイドディッシュとの事。
実際勘定もその通りでした。
それはそれで、量とバランスがおかしい気もしますが。
しかもこの前のバケットはほぼパン0.5~1斤分。
どんだけ食うんだメリケン。

気になるお値段は、アルコールなしで約$50。
高いんだか安いんだか…。
ちなみにアメリカの一般家庭の食費は、
現地の某新聞によれば、$600/月(うち4割外食)だそうです。
道理で彼ら大きいわけだよ!

後は、任せたぜーー

帰りもUber…を頼んだは良い物の、
その直後に手持ちのGlobal Wifiが餓死(電池切れ)。
Uberでは予約を取った後も、マップの確認等でリアルタイムでネット通信を使います。
幸い帰りは道を間違えたりはしなかったので良かったですが、
行き帰りの運転手が逆だったら心配だったかもしれません
(自分の端末ではルートを確認できない)

長時間充電できない環境になる可能性がある場合、
モバイルバッテリーも携行する事をお勧めします。
プロフィール

エフターク

ギャラリー
  • 手の届かない位置にある電球を交換する方法:ランプチェンジャー
  • 手の届かない位置にある電球を交換する方法:ランプチェンジャー
  • とある一日のディナー事件簿
  • おれの友情に名はいらぬ!!遊ぶならば校庭の荒野で!!
  • 機会があったのでカエルを食べてみた。後悔はしていない。反省はしている。
  • ちょっぴり残念だった現地のサービス事例
  • ちょっぴり残念だった現地のサービス事例
  • ちょっぴり残念だった現地のサービス事例
  • TOEICの勉強だけでは知りえない、英語圏で絶対に使ってはいけない表現