神奈川県住まいの30代前半、既婚男性です。
本業はIT会社でSEをやりつつ、余ったお金で資産運用をやっています。
一攫千金というより、勉強したり人と一緒に学んだりしながら面白おかしくやっていきたいと思っています。

新婚旅行7日目 スワップミート、オアフ島、そして…

スワップミート

朝一でチェックアウトし、スワップミートへ。
週一回、土曜午前中にのみ開催しているフリーマーケットのような物です。

a5778317c5817dcab81512618767cd35
フリーマーケットでもしっかりクレジットカードに対応。

49e461fec69a10276bc9ac08bbebcbce
妻が探し求めていたパワーストーン、カイアナイト。

f2289f767c71d7aa746820a6b6e36928
ハワイ島やオアフ島に比べ、
ほぼ日本語が通用しないマウイ島にあって、数少ない日本の気配(違)。

d7d6fa76b33f0369a47cdf24fa5c4217
間食用に購入。

28e8ee3f46eb25935e49bf2449980096
グアバ、パパイヤ等、現地果物を使用したジャム。
一応賞味期限を聞いたら「2年!」との事。

タサカグリグリ

空港までの道中、カーナビの町案内でたまたま耳にした、
Tasaka Guriguri」へ。
日本から移住したTasakaさんが考案した、
アイスとヨーグルトとソルベを混ぜたようなお菓子。
1c6e7c525d37dd8cad64b0963e57b4a6
製法は企業秘密との事。
上の3種類を「マラサダ」混ぜたら再現できそうな気がしないでもないですが。

ちなみにこの店もガイドブックには載っておらず、
たまたまカーナビの案内を聞いて存在を知りました。
レンタカーだから気軽に立ち寄れたものの、
バスとかだったらこうは行きませんでした。

空港にて

空港にてレンタカーを返却。
搭乗1時間前に空港に到着。
ハワイ島と同じパターンなら時間には余裕があるかと思いきや…
44fdb50a68611291e63c7b7de27a9048
見ろ、人がゴミのようだ!

ハワイ島を出る時とは打って変わって人が多く、
最後はダッシュせざるを得ないほど、時間がギリギリでした。
4cb01697f30318ff183ae1e4f6080f78
例によって1時間も経たずオアフ島へ到着。
建物の数からして、先の2島と違う。

オアフ島

最終日は日本でハワイ島と聞いた時に最もイメージされるであろう、オアフ島でした。
1泊だけですが、この日は最終日にして妻の誕生日でもあったので、
観光であちこち回るというより、良い所でゆっくりしよう、と言うコンセプト。

最終日に泊まったのは、シェラトンワイキキホテル
ハネムーンであることに加え、妻の誕生日でもある事を伝えたら、
何とスイートルームにアップグレードしてくれました(※)。
f486845414dad0ba17cf03804de37bb9
ダイヤモンドヘッド。

cb130537c8ae514fdbe4c902ccd0051b
下界の風景。隣にあるのはロイヤルハワイアンホテル。
建物全体ピンク色で、インスタグラムの世界から飛び出したような建物でした。
ちなみに下に見えるプールでは、夜に魚が泳ぐ3Dショーが映されていました。

ba56496fbb128fc90a43da961c052f9e
ちなみにこの枕、日本でよく見る物の1.5倍はあります。

※ちなみにハネムーンだけであれば、ハワイ、特にオアフ島では珍しくもないので、
 そこまではしてくれなかっただろう、とは現地人の意見。

80e40f2f6aafd760e0774ee472955a57
これまたハネムーン祝で貰ったロゼワインにて昼から乾杯。

誕生祝@ハレクラニオーキッズ

妻の誕生日を祝うため、
ハレクラニのホテル内にあるレストラン「Halekulani Orchids」を予約。
b4e304e7afba796ed28bcd9f65cd5a288416d0610098706d9f73bea486057a058fef0c4ffc484d62375ba8f8eaddcd4296064d3fa19ae96508b6f69871b213fd
これまでに食べて来たレストランとは一味違う出来栄え。
ステーキとかステーキとかステーキとか。
値段と量が反比例するのはある意味アメリカらしい。

会計を済ませた後、さあ帰ろうかと言う時に、よもやのサプライズ。
d5ccaf2a8bfd8f24543bf07e3d772cd5
ここも予約時に「妻の誕生日」と伝えておいたのですが、
ココナッツケーキがサービスされました。

f3140f12985c377cf4401d9d6b679ca8
夜景。

新婚旅行6日目 イアオ滝、パイア、ハレアカラ山頂

妻が体調を崩すというアクシデントが発生。
昨日一昨日と、自炊した何かに当たった?
まさか寒さなはずはないので、思い当たる原因は食べ物?
しかし同じ物を食べたはずの自分は何ともないので、明確な心当たりは不明。

幸いホテルに薬が売ってました。
ついでに、店の人の薦めでジンジャーエールを購入。
ショウガが効くから、とのことですが、
残念ながらCanada Dryの成分表を見ても、
ショウガは入ってませんでしたので、多分プラセボ効果でしょう。
まあそれでもあれば充分。

201805 新婚旅行_180614_0310
さて、今日はレンタカーを借りての移動。

a8dac1f779f1f1f7e06e6f44f5c815d4
左ハンドル、右側通行より、
ウィンカーとワイパーが逆にあることの方が、慣れるのに苦労した印象。

62473398ac636493ebbe919783d43c60

98292c7c68b3707f42026bda01727bd5
a540b37d8b49f6b37a191d372b27caf5
海なのか山なのかどっちなんだ

イアオ渓谷

67fa91cb1f30bf4c8c885e33a971879a
6f1b03b5f772252d888dcda0422435d2
fa653b17f9b48f18ee50f194761d6ed9

これもパワースポットとの事。
今回はガイドはいなかったのですが、
レンタカーに付属のカーナビに最低限の解説ラジオがあり、
ある程度の予備知識はそこで仕入れました。

入場料はタダ、駐車料金は$5なのですが、
駐車場が満杯だと周辺に路駐する車も多し。
その場合は駐車料金がタダ(ご丁寧な事に返金してくれる)。
何というフリーダム。と言うか正直者が損するのは良いのかメリケンよ。

パイア

711c28bf8e09df4cdfb998f091e1b91d
772af35c48442f527f8df8e8d94ebdd4
昨日のラハイナ同様、レトロかつお洒落な雰囲気の町。

8bfd3a1fef38bfa6e9c8542a7e258cd1
23c43ec43074f30e0d9eca4a55be58481b9b4e31495f8cc0ed39bb3cd275d0f0
通称「Surfboard wall」。
あくまで個人の所有物で、観光地ではないので、
手持ちの旅行ガイドにも掲載なし。
妻がたまたまネット上で発見した情報をもとに、
グーグルマップを駆使して何とか発見。


65129150c59bf8ecf3e761780a2da6a300e3dbccc2638207a5293f3f3604c8e0201805 新婚旅行_180614_0306
昼食もやっぱりおしゃれな店で。
メニューは典型的なアメリカンですが。
サイドディッシュは手前のフライドポテトか、奥側のサラダの2択。
2人いたのでシェアのため片方ずつ頼みましたが、
それにしても栄養価に偉い差がある選択肢だ。

ハレアカラ山頂

標高3,055mの山。
201805 新婚旅行_180616_0299
山頂まで車道が通っており、車で登れます。
但しヘアピンカーブが非常に多い上、
雲の中を通る際はこのように視界が悪いので、
暗い時間帯に上り下りするのは初心者には難易度が高いです。

サンライズ、サンセット等を見る場合、必然的に暗い道を通るので、
現地の運転慣れしたツアーに参加する方が安全かと思います。
201805 新婚旅行_180616_0278
山頂からの風景。

201805 新婚旅行_180616_0292
雲を抜けたら、地球は青かった。

201805 新婚旅行_180616_0294
雲をも見下す不届き者。

余談:レンタカーの費用

レンタカーの費用は1泊2日で、諸々込みで$200程でした。
空港→ホテルのシャトルバスが一人片道$38だったので、
往復代+αと言った所。
それで時刻表を気にすることなく島の隅々まで行けるのは、
総合的には大分安いと思います。
まあホテルに荷物を預けた上で、近辺を巡るだけなら、バスの方が安いですが。
  • 泊数依存の項目:レンタル料、GPS、追加ドライバー料、車両保険等
  • 泊数非依存の項目:空港乗捨て可オプション、燃料事前購入(返却時給油不要)、デポジット代
泊数に依存しない項目もあるので、
長く借りる程一泊当たりの金額は安くなります。
まあ、どこに行くのかとか、人数にも大きく依存しますが。
多分3~4人ともなれば、特にコストパフォーマンスが良いかと。

201805 新婚旅行_180616_0272
201805 新婚旅行_180616_0268
今日の夕食。
コンドミニアム最終日なので、食材を余らせぬよう、自炊ではなくテイクアウト。

新婚旅行5日目 ラハイナ、カパルアビーチ

マウイ島では朝食も自炊。
201805 新婚旅行_180614_0197
  • コナ珈琲
  • ハム、レタス、トマトのサンドイッチ
  • パパイヤ
  • クリームチーズに近い濃厚な味のヨーグルト
後は卵があればいうことなしでしたが、
3日で食べきれそうな量では売っていなかったので断念。

ホテル間のシャトルバスにてラハイナへ移動。
行く場所は限られるものの、片道$3はUberを凌ぐ破格の安さ。

28dc49ab04cc791df44b392eadcc4526a1db9ec249aae786fbd8cac5e6dbc7b3

3c7075813d675f2a037da676d8e7c39f
b50a46bf0f268b24a9c46687c8ce0448
e2380881dcc18241f8acf773599815af



201805 新婚旅行_180614_0232

珊瑚で作られた刑務所から始まり、どことなくレトロな街中を散策。

c7f7f8fbc1e87ce5596cfd96e6a08e6f
道の反対側は綺麗な海。

c9c86b25fad4e6bdbeb7c1f894cb58c5

昼食はたまたま見つけた『Lahaina Fish Company』にて、シーサイド席。
妻の好きなエビ中心の料理。



37a4142bcc728874a99d8bed1fbcddf5

夕方、今度は北上。
ハワイで最も美しい海岸と言われる、
カパルアビーチへ日没を見に行ってきました。
5da1b41bf3cc8a6113b7e5a06410cafa90665ebd1558d1bc0fc978f8f4f36764

まあ海岸自体は他と大差なかったのですが。。

2c02f5e4c342baeb5651858af76989878f76ecd0ae2131f7882383076507b1bf
ここでまさかのウミガメ遭遇。

201805 新婚旅行_180614_0083
ウミガメは見つけても一定距離をとるのがマナーなので、
遠近法が多分に働いてますが、まあまあ大きかったです。
最初は妻が岩と見間違えて座ろうとしたくらいですし。

ハワイ島の黒砂海岸では果たせなかった宿題を消化しました。

201805 新婚旅行_180614_0216
本日の夕食。

なお、余談ですが、
ハワイのバスは安くて便利ですが、いくつか気を付けるべき点があるのも事実。
  • 大きな荷物は持ち込めない→空港・ホテル間の移動には使えない。
  • 時刻表にない停留所もたくさんある→「何個目の停留所」と言う覚え方だと100%間違える
  • 道の片側にしか停留所がない場合もある→循環バスの場合、奥まで行って戻ってこないとそこに止まってくれない。
ご利用は計画的に。
プロフィール

エフターク

ギャラリー
  • メルペイ還元率を80%にする方法
  • メルカリの値引き交渉は時間の無駄
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題
  • 入籍1周年の旅行の宿題