ネット炎上用の保険なるものがあるそうです。通称「バカッター」なる悪質な投稿で閉店まで追い込まれたソバ屋とかが一時期話題になり、その後も同様のニュースが定期的に報道されてましたが、とうとう保険が出てくるとは。それだけ危機感を持つ企業が増えてきた、と読んだのでしょうか。面白いアイディアだとは思います。

>保険の支払い限度額は1,000万円で、保険料は年額50~60万円。

  支払限度額の割には保険料高いなー、という印象(*1)。それだけネット炎上リスクが高いと考えられているのか。世知辛い世の中ですな。また、企業にもよると思いますが、ネット炎上したら損失は1,000万円どころでは済まい方が多いと思います。あくまで初動対応を怠らず確実にする、その障壁となる初期費用を負担します、という位置づけの模様。こんな事をやってくれるらしいです。
  そして、そもそも保険が保証するのはあくまで金銭面のみ。風評被害とか、いったん離れた顧客やファンの気持ちまでは保証してくれるわけもなく、リスクへの対応としてどこまでできるやら…。
  ただ、この保険のユーザが増える+他社の新規参入とかで内容がブラッシュアップされていき、企業がネット炎上に委縮してやりたいこともできなくなる、というのが少しでも少なくなればいいなとは思います。頑張れ損保ジャパン。

  そのうち芸能人とか有名人等をターゲットにした個人向けの保険も出てきそうな気が(勿論具体的な中身は変わるでしょうが)。特に実名でブログやってるような人とか。尤も、炎上するような人はそもそもこんな保険に入りたがるような危機感を持たない、という気もしますが。ねェ長○川さん



(*1)…少なくとも、掛捨ての生命保険や火災保険で保険金1,000万円・保険料50万/年なんてのがあったらとんでもないぼったくりだと思う。異なる種類の保険商品を一概に比べられないのは百も承知だけど。