妻が体調を崩すというアクシデントが発生。
昨日一昨日と、自炊した何かに当たった?
まさか寒さなはずはないので、思い当たる原因は食べ物?
しかし同じ物を食べたはずの自分は何ともないので、明確な心当たりは不明。

幸いホテルに薬が売ってました。
ついでに、店の人の薦めでジンジャーエールを購入。
ショウガが効くから、とのことですが、
残念ながらCanada Dryの成分表を見ても、
ショウガは入ってませんでしたので、多分プラセボ効果でしょう。
まあそれでもあれば充分。

201805 新婚旅行_180614_0310
さて、今日はレンタカーを借りての移動。

a8dac1f779f1f1f7e06e6f44f5c815d4
左ハンドル、右側通行より、
ウィンカーとワイパーが逆にあることの方が、慣れるのに苦労した印象。

62473398ac636493ebbe919783d43c60

98292c7c68b3707f42026bda01727bd5
a540b37d8b49f6b37a191d372b27caf5
海なのか山なのかどっちなんだ

イアオ渓谷

67fa91cb1f30bf4c8c885e33a971879a
6f1b03b5f772252d888dcda0422435d2
fa653b17f9b48f18ee50f194761d6ed9

これもパワースポットとの事。
今回はガイドはいなかったのですが、
レンタカーに付属のカーナビに最低限の解説ラジオがあり、
ある程度の予備知識はそこで仕入れました。

入場料はタダ、駐車料金は$5なのですが、
駐車場が満杯だと周辺に路駐する車も多し。
その場合は駐車料金がタダ(ご丁寧な事に返金してくれる)。
何というフリーダム。と言うか正直者が損するのは良いのかメリケンよ。

パイア

711c28bf8e09df4cdfb998f091e1b91d
772af35c48442f527f8df8e8d94ebdd4
昨日のラハイナ同様、レトロかつお洒落な雰囲気の町。

8bfd3a1fef38bfa6e9c8542a7e258cd1
23c43ec43074f30e0d9eca4a55be58481b9b4e31495f8cc0ed39bb3cd275d0f0
通称「Surfboard wall」。
あくまで個人の所有物で、観光地ではないので、
手持ちの旅行ガイドにも掲載なし。
妻がたまたまネット上で発見した情報をもとに、
グーグルマップを駆使して何とか発見。


65129150c59bf8ecf3e761780a2da6a300e3dbccc2638207a5293f3f3604c8e0201805 新婚旅行_180614_0306
昼食もやっぱりおしゃれな店で。
メニューは典型的なアメリカンですが。
サイドディッシュは手前のフライドポテトか、奥側のサラダの2択。
2人いたのでシェアのため片方ずつ頼みましたが、
それにしても栄養価に偉い差がある選択肢だ。

ハレアカラ山頂

標高3,055mの山。
201805 新婚旅行_180616_0299
山頂まで車道が通っており、車で登れます。
但しヘアピンカーブが非常に多い上、
雲の中を通る際はこのように視界が悪いので、
暗い時間帯に上り下りするのは初心者には難易度が高いです。

サンライズ、サンセット等を見る場合、必然的に暗い道を通るので、
現地の運転慣れしたツアーに参加する方が安全かと思います。
201805 新婚旅行_180616_0278
山頂からの風景。

201805 新婚旅行_180616_0292
雲を抜けたら、地球は青かった。

201805 新婚旅行_180616_0294
雲をも見下す不届き者。

余談:レンタカーの費用

レンタカーの費用は1泊2日で、諸々込みで$200程でした。
空港→ホテルのシャトルバスが一人片道$38だったので、
往復代+αと言った所。
それで時刻表を気にすることなく島の隅々まで行けるのは、
総合的には大分安いと思います。
まあホテルに荷物を預けた上で、近辺を巡るだけなら、バスの方が安いですが。
  • 泊数依存の項目:レンタル料、GPS、追加ドライバー料、車両保険等
  • 泊数非依存の項目:空港乗捨て可オプション、燃料事前購入(返却時給油不要)、デポジット代
泊数に依存しない項目もあるので、
長く借りる程一泊当たりの金額は安くなります。
まあ、どこに行くのかとか、人数にも大きく依存しますが。
多分3~4人ともなれば、特にコストパフォーマンスが良いかと。

201805 新婚旅行_180616_0272
201805 新婚旅行_180616_0268
今日の夕食。
コンドミニアム最終日なので、食材を余らせぬよう、自炊ではなくテイクアウト。